〈近松世話物〉
『近松世話物三種』大正10年10月刊/1921年/湯川松次郎/函入り上製・布装/本文サイズ=128ミリ×92ミリ/本文8ポ/行送り15ポ/書体は内田明さんのご教示である。〈本文活字の書体は築地8ポと同じだが古い六号ボディー(7ポ75相当)。明治20年代(後半?)から大正(末?)まで、築地六号hじゃ7ポ75相当。奥付の井上書籍印刷所のクレジットは「フワンテール」あるいは「フワンテル」などという名前で築地系の見本帳にある活字の9ポでしょうか。〉これは「ファンテール」という名称で、写研によって1937年に文字盤化されている。

 

IMG_4945_近松

 

編者が選んだ近松の世話物『大経師昔暦 たいきやうしむかしごよみ』『壽門松 ねびきのかどまつ』『女殺油地獄 をんなごろしあぶらじごく』の浄瑠璃を活字化した本。出版社名が奥付、函、本文にない。奥付に編集兼発行者として湯川松次郎の名前がある。このひとは1930年に湯川弘文社(現在は弘文社)をつくっている。目次はない。最初に文字の扉があり、次に木版の絵(観邦画と署名がある。小林観邦という画家か)、「おさん茂兵衛」のおさんが猫を抱いている。そして解題、波形の罫で本文が囲まれている。函にも表紙にも絵があるが、いずれもタッチがちがう。これらの絵のクレジットはない。函は大津絵風、表紙はちょっとモダンなアールヌーボータッチ、口絵は浮世絵。表紙は薄い水色で、着物のしぼりの模様があしらわれている。見返しはピンク色の紙。本のサイズも、外装の意匠もかわいらしい。奥付は、シンプルだが罫の使い方がおもしろい。この最終頁も全体のかわいい路線にそったデザイン。印刷所のクレジットに変わった書体を使っている。こういう奥付の工夫(遊び)は誰が考えるのか。編者か組版職人のアイデアか、両者の共同作業か。
これは京都のUmweltに常設されている「あがたの森書房」の本棚にあった。弘文社の沿革によると〈1904年(明治37年)湯川松次郎、19歳の時、大阪市東区平野町において書籍小売店を開業〉とあるから、この本は湯川が26歳のときである。解題の最後の〈岸の里の僑居にて 編者識〉に、年配の浄瑠璃好きがつくった本を想像していた。

 

近松世話物三種_1_041318

近松世話物三種_2_041318

近松世話物三種_3_041318

近松世話物三種_4_041318

近松世話物三種_5_041318

近松世話物三種_6_041318

近松世話物三種_7_041318

近松世話物三種_8_041318

近松世話物三種_9_041318

近松世話物三種_10_041318

ファンテール

 

〈赤ひげ〉
昨年末、NHKBSで『赤ひげ』を見た。封切り時の1965年、私は16歳。そのときも、その後も何度か見ている。

〈原作「赤ひげ診療譚」は小石川療養所につどう患者たちの横顔を切り取った八編からなる連作で、周五郎の本領が存分に発揮されたヒューマンドラマである。黒澤は三時間という長尺のなかに原作のエピソードを巧みに配置しながら、荘厳な交響曲のようなタッチで全編をまとめあげ、あの周五郎をして「原作よりもいい」といわしめた。〉〈それまでつねに圧倒的な強さをそなえた武士を主人公とし、社会悪に対して時に正義の暴走とも思えるほどの徹底した憤りを表明してきた黒澤が『赤ひげ』においては三船 “三十郎” 敏郎演じる武士然とした医師・新出去定はあくまで各エピソードの狂言回しにとどめ、貧困という病をかかえた市井の者たちの “弱さ” あるいは “醜さ” をも優しく包み込むような視点で描いているということだ。〉(「山本周五郎原作映画の系譜」佐野享「文藝別冊 山本周五郎」2018年4月/河出書房新社)
この通り、いくつか挿話は省かれているが、山本周五郎の小説を丁寧に映像化している。映画の中で唯一の、胸がすく三船敏郎の赤ひげのアクションシーンは、原作とまったく同じ。
〈「じじい」と彼は問いかけた、「てめえ本当にやる気なのか」
「よしたほうがいい」と去定が云った、「断っておくがよしたほうがいいぞ」
男は突然、去定にとびかかった。
登はあっけにとられ、口をあいたまま呆然と立っていた。裸の男がとびかかるのははっきり見たが、あとは六人の軀が縺れあい、とびちがうので、誰が誰とも見分けがつかなかった。そのあいまに、骨の折れるぶきみな音や、相打つ肉、拳の音などと共に男たちの怒号と悲鳴が聞え、だが、呼吸にして十五六ほどの僅かな時が経つと、男たちの四人は地面にのびてしまい、去定が一人を組伏せていた。のびている男たちは苦痛の呻きをもらし、一人は泣きながら、右の足をつかんで身もだえをしていた。〉
時代劇なのに、映画の画面と構図はシンプルでモダン。原作の乾いた文体に触発されている。引用した「文藝別冊」では、この小説をヒューマンドラマとしているが、文章はハードボイルドで現代的で、人間の生きる苦悩と悲しみが謎解きのように描かれている。この文体が映画に影響を与えている気がする。『椿三十郎』のあと『天国と地獄』をはさんで、この『赤ひげ』。人物の目に光をいれているのが印象的。光と影のコントラストが強い映像と、キャッチライト。余分な感情をゆるさないほど禁欲的な絵柄。黒澤はこの映画だけでなく、作品ごとにさまざまなこころみをしている。あらためて彼の映画に興味がわく。年の暮れの夕方、軽い気持ちで見はじめたのに引き込まれてしまった。
小説では、赤ひげ新出去定がこんなことを言う。
〈「(略)おれはやっぱり老いぼれのお人好しだ、かれらも人間だということを信じよう、かれらの罪は真の能力がないのに権威の座についたことと、知らなければならないことを知らないところにある、かれらは」と去定はそこで口をへの字なりにひきむすんだ、「かれらはもっとも貧困であり、もっとも愚かなものより愚かで無知なのだ、かれらこそ憐れむべき人間どもなのだ」〉

 

赤ひげ_1

赤ひげ_2

 

今年になって出た「黒澤明DVDコレクション」のシリーズ。年の暮れのBSの黒澤特集はこれと連動していたのだろうか。第一回は『用心棒』。『赤ひげ』は第三回。モダニストの黒澤明なのにパッケージのデザインが古すぎる。紙の部分の編集はおざなり。まともな黒澤明論でもあるのかと期待したが、封切り時のオリジナルのパンフレットやポスタ―とインタビューだけ。DVDコレクションなどこんなものでいいというつくりが、時代錯誤じゃないか。

 

赤ひげ_3

赤ひげ_4

 

〈青森〉
3月は、青森と松本(松本のことは次回に)に行った。青森では、雪に埋もれた青森県立美術館を見に行った。一泊二日の翌日は棟方志功記念館にも。残念ながら県立美術館の内部は撮影禁止。常設くらいお許しいただけないものだろうか。かろうじて入口のレタリングを撮る。このレタリングが館内のサインデザインにすべて使われている。目眩がする。冠雪した奈良美智の巨大な犬は外にあるからか、ガラス越しに撮影できた。若い外国人のお客さんが多かったのはこれが目的かな。青森市内の商店街の新町通りの看板はちょっと懐かしいデザイン。ゴナと矢島週一さんの『図案文字大観』のアレンジのように見える。文字の先のギザギザがこまかい。

 

IMG_4811_青森県立美術館_030318

IMG_4810_奈良美智の犬

IMG_4815_棟方志功記念館

IMG_4813_青森新町_030418

図案文字大観

 

TIME誌、2018年4月23日号の表紙。なんと、2017年2月27・3月6日合併号のつづきである。去年は「Nothing to See Here.(ここからは何も見えない。)」大統領執務室の机。左からの横殴りの雨と風。トランプの金髪が右になびいて、書類が散らばっている。
今回は「Stormy.(嵐。)」、前回の机が嵐の海に消えてしまっている。Tim O’Brienの絵は前回のバリエーション。
2018年1月22日号の表紙は、「Year One.(一年目。)」トランプの金髪が炎上している。

 

time_042318号

time_0227_030617合併号

time_012218号

 

〈大高郁子〉
2月に出た大高郁子さんの『久保田万太郎の履歴書』の書評。毎日新聞日曜日の「今週の本棚」(4月8日)と「週刊文春」4月19日号の池澤夏樹さんの「文春図書館 私の読書日記」に。毎日新聞は無記名の短い欄だが、無駄無く要を得て的確な文章である。隣に見返しの絵が掲載されている。〈ふとした折に久保田万太郎のことを知った大高郁子は、次第にその世界にひきこまれていった。この本は、その自然で幸福な出会いと探索の結晶である。巻末の精細なガイドと地図は、文学への旅情をさそう。これまでにない形式で書かれた、とてもすてきな文芸書。〉
池澤夏樹さんのほうにはこんなことが書かれている。〈文章の部分は久保田自身が書いた「私の履歴書」とその続編ともいうべきもの、それに編者の追加が少々。いわば圧縮された自伝である。これを短く切って一ページごとに配し、そこに絵をつける。絵だからここには引用できないのだが、これが見事。味と風情があって、この劇作家・作家・俳人の」立派とダメがよく伝わる。〉

 

IMG_4946_大高さん

毎日新聞「今週の本棚」_1

毎日新聞「今週の本棚」_2

 

〈春一番2018〉
今年も春一番コンサートのポスター。いつもの森英二郎さんの木版画である。

 

2017春一番ポスター_031218

 

〈衣笠祥雄〉
行きつけの中野鍋屋横丁のラーメン屋さんで、4月23日に亡くなった衣笠祥雄を悼んで彼の背番号が飾られていた。もちろん店主は大の広島ファン。

 

IMG_4941

IMG_4943

 

〈今日の一曲〉

Remember Me/John Prine and Kathy Mattera

古いカントリーの名曲を、ジョン・プラインが2016年のデュエットアルバムFOR BETTER, OR WORSEでやっている。この曲は、ノラ・ジョーンズがTHE LITTLE WILLIESのFOR THE GOOD TIMES(2012年)で、ウィリー・ネルソンがRED HEADED STRANGER(1975年)とりあげている。

 

remember me_john prine

remember me_norah jones

Read More

〈竹内みか〉

描き癖にまかせた、個人的なファンタジーや身の回りの小物の退屈な絵や、スタイルだけの浅薄な風景や人物のスケッチではなく、はっきりと自覚して自分が描きたいものに焦点を絞っている。それに合う表現手段と技術がある。彼女が描くのは遊園地にある「メロディペット」。さまざまな模索のあとにこのモチーフに出会った。大切なのは「どう描くか」ではなく「何を描くか」である。

去年、HBギャラリーの「ファイルコンペ」に応募したが、大賞をとったという連絡があるまで、そのことは全く忘れていた。神戸生まれの神戸育ち、阪神淡路大震災のときは小学一年生だった。

HBギャラリー「ファイルコンペ日下潤一賞/竹内みか個展『センチメンタルパーク』7月28日(金)から8月2日(水)まで

 

IMG_4114_takeuchi_1
 
IMG_4115_takeuchi_2
 
IMG_4120_takeuchi_3

 

Read More

〈石川九楊展〉

7月5日から、「書だ! 石川九楊展」が始まった。チラシ(裏面4種)、ポスター、図録(縦横二分冊)などをお手伝いした。よく考えられた展示デザインで見応えがある。じっくりと石川さんの作品を鑑賞できる。これほどまとめて見られるのは貴重な機会だ。ぜひ、ご覧いただきたい。30日まで。

美術館の大きな壁面のそばにいるのは、私のアシスタントの赤波江さんと京都精華大教授の高橋トオルさん。入口の看板には字游工房の鳥海修さん。いずれも内覧会で。

 

IMG_4011_石川九楊展_1

 

IMG_4012_石川九楊展_2

 

Read More

〈K〉

『K』谷口ジロー:画/遠崎史朗:作/リイド社/1988年刊/part 1から4まで/A5判/並製

『K』谷口ジロー:画/遠崎史朗:作/双葉社/1993年刊/part 5が追加されている/A5判/並製

 

両方とも私のデザイン。リイド社のはジャケットだけ外回りのみ。双葉社の本では、目次、扉、奥付、ノンブルと柱をあらためて作っている。別丁扉(化粧扉)には、カラーでリイド社版のカバー絵を使用。カバーの絵は、新版のための谷口さんの描き下ろし。

 

k_1

 

Read More

毎度、おなじみ「TIME」。2017年6月12日号。スローガンの「アメリカ ファースト」ならぬ「ファミリー ファースト」とは気が利いたタイトル。日本の安倍ならさしずめ「お友達 ファースト」か。彼はいつになったら国民に目がいくのか。みずからが国民の代弁者であり、委員会や国会で彼に質問をする野党議員もまた国民を代表していることが理解できているなら、安倍も菅も見え透いた愚かな言辞を弄することもあるまいに。

 

family first

 

Read More

〈多和田葉子〉

朝日新聞の新連載、「多和田葉子のベルリン通信」(5月19日)。〈歴史の輪郭が次の世代に伝わりにくくなってきた。〉というのは、日本も変わりない。21世紀は20世紀とはまったくちがう。時間はつながっているはずなのに。19世紀と20世紀もそうだったのだろう。美術の歴史をみるだけでも、20世紀は大きな変化をとげている。21世紀もまたとんでもない時代。

 

〈今ドイツ社会が揺らいでいるのは、難民を受け入れたからでもテロ事件が起ったからでもない。保守も革新も同意していた歴史の輪郭が次の世代に伝わりにくくなってきたからだ。ナチス政権が人種、思想、宗教を理由に差別、迫害、殺人を行ったこと、言論の自由を侵害したこと、ナショナリズムを煽って侵略戦争を行ったことは、どんなに政治的立場が違っていても一応みんな認めてきたはずなのに、それを平気で否定するような演説が現れ、支持者を得るようになってきた。〉

 

tawada

Read More

〈詩/荒川洋治〉

 

「ユリイカ」4月号の、第22回中原中也賞の荒川洋治さんの選評。受賞作は『長崎まで』野崎有以(思潮社/2016年刊)

 

〈一つ一つの詩では何をしてもよい。もっといえば適当に書いてあってもいい。ゆるくても甘くてもいい。どのようにあってもいいのだ。最後に、ひとつ詩が残るかどうか。全体をつらぬく、一筋のものがあるか。それを基準に詩をみることが大切だ。(略)一見、たしかに生活作文のような流れではあるが、ところどころに、ここ、というところで、いいフレーズがあり、胸に迫る。さほど人生経験をもたない人にも芽生える強い郷愁、人間的であろうとする願いが、みごとに表現されている。

ことばの組織は、詩ではない。際立つような意匠も飛躍もない。だが、詩はどんなことばで書かれるかではない。詩で詩を書く必要はないのだ。一冊を読みおえたときに、詩があるかどうか。それで価値が決まる。『長崎まで』には、詩がある。一筋の詩を感じる。詩を書く人の才能を感じる。〉

 

ユリイカ_20170421_

 

Read More

〈ソウルの表示と巻貝〉

 

前回のソウルのつづき。大統領弾劾のデモがある世宗路のそばにこんな巨大巻貝がある。一体なんだろうか。夜は隙間からライトが点灯。通りの表示は、ハングル、簡体字、日本語の三ヶ国。以前は日本語はなかった。日本人の観光客が多いのだ。空港でたくさん会った。隣国の爆買いのひともいた。

 

IMG_3474_soeul_022017

 

IMG_3491_seoul_katakana_022017

 

IMG_3515_ソウル案内プレート_022017

 

Read More

〈追悼 谷口ジロー〉
谷口ジローさんが2月11日に亡くなった。このブログの原稿をいろいろ用意していたけれど、変更して私がてがけた谷口さんの本のブックデザインを紹介する。
2月17日から20日までソウルにいた。韓国出版学会主催の「韓中日タイポグラフィセミナー」に招かれて研究者にまじってブックデザインの話。セミナーは宿泊したホテルの最上階の会議室。同時通訳で、昼食をはさみ19日の午前9時半から18時まで。最終日の20日には主催者の案内を辞退し自由時間をもらい、ソウルの街を朝の10時から空港お迎えの車が来る午後に2時までぶらぶら。大型書店KYOBO(教保文庫)に行くと、谷口さんの『孤独のグルメ』の韓国版があった。

 

IMG_3484_taniguchi in seoul_022017

Read More

〈美術館にクロークをお願いします〉
ルカス・クラナーハ展の国立西洋美術館内で見た看板。日本の美術館には、なぜ、海外では当たり前のクロークがないのだろうか。あちらでは小さなバッグ以外、リュックのような大きいものはあずけさせられる。クラナーハ展では、子供は歩かせて、自分たちの荷物をつめたベビーバギーを押しながら鑑賞している親子がいた。クロークがあればあずけられる。ここで美術館の客にたいする気持ちがわかる。クロークならば、係のおじさんやおばさん、あるいはおねえさんとコミュニケーションができる。狭くて淋しいコインロッカーはだめだ。この看板には「大きなお荷物、重たいお荷物以外はお手持ちください」と書いてあるが、そんなに大きなコインロッカーはない。世界遺産の国立西洋美術館なんだからがんばってほしい。入り口にある、あのコルビジュエの建築のファサードに似合わないカギ付き傘置きは、クロークがあればなくせるじゃないか。六本木の国立新美術館は入り口に、エントランスより偉そうにしている紀章先生デザインの専用傘置き場がある。なんだあれは。

 

IMG_3077

Read More