〈今日の犬〉
このワンちゃん、夷川通をブラブラしていて会った。はじめてUmweltに行ったときのこと

 

IMG_6704_dog_050520

Read More

〈page a day gallery calendar dog, april 20 monday 2020〉

 

IMG_6648_dog calendar_犬が犬_042020

 

〈脊柱管狭窄症〉

 

4月7日から、脊柱管狭窄症の手術のために入院していました。参宮橋脊椎外科病院の院長さん、主治医の吉田先生、看護師さん、理学療法士さん、X線・MRI・CTの技師さん、栄養士さん、配膳さん、お掃除係さん、お世話になりました。いい病院です。
病室の窓から代々木公園の緑が見えます。4月18日、雨の土曜日に無事に退院しました。しばらくはコルセットの生活ですが、手術のおかげで脚の痛みもなく歩いています。

Read More

〈自然〉

新型コロナウィルスはすごい奴。まるで人間を試しているように思える。自然には人間のコントロールをこえたものがあることを、まざまざと教えてくれる。うかうかしていてはいけない。

 

IMG_6560_コロナ_修正040120

 

Read More

〈北上次郎〉
「週刊文春」の3月5日号の表紙絵はレモン。渋い色調のなかに鮮やかな黄色。ずっと毎週買ってたけど忘れている。記憶にない和田さんの絵の多いこと。
この号の〈文春図書館〉の「著者は語る」で、北上次郎さんの最新エッセイ『息子たちよ』についてのインタビュー。
〈苦労の末、内定を貰うも「まさか製薬会社で働くとは思ってもいなかったなあ」と呟く次男〉について、『息子たちよ』で「それでいいのだ(略)自分の気に入った服を探すのもいいけれど、いま着ている服を好きになること、そして自由に着こなすことも大切なのではないか。父はそう考えているのである。」と書き、インタビューの最後に「僕も会社を何度も変わったし、夢破れうつむく友人を多く見てきました。人生思い通りにならないことの方がずっと多い。たまたま好きなことが出来ていたら丸儲けです。それより、現在の“ダメな”自分を肯定しつつ理想を仰ぎ見る方が、余程楽しいと思うんです」と語っている。

 

週刊文春_030520

 

Read More

〈「シナリオ」〉
「シナリオ」、昭和21年創刊、日本シナリオ作家協会が発行する雑誌。2020年1月号からリニューアルデザインを手伝う。1月号の表紙は伊野孝行君の描く山中貞雄、2月号は南伸坊さんが『運び屋』のクリント・イーストウッド。3月号は長野の古い映画館。
ロゴのデザインは「ヨコカク」の岡澤慶秀さん。カタカナ4文字を、太さとプロポーションが違う書体で組合わせたいという私の希望に、5書体5ウエイトのセットを作ってくれた。これを毎号ちがう組み合わせで使っていく。岡澤さんの巧妙なデザインに、気がつく人は多くないと思う。変えても同じ雰囲気になるのが面白い。欧文書体、表紙のデザインや絵や写真も毎号ちがえる。本文のイラストレーションは、一冊まるごと伊野孝行君である。

 

IMG_6439_シナリオ_1

 

IMG_6440_シナリオ_2

 

Read More

〈金森幸介50周年記念日〉
金森幸介君の3月1日の、デビュー50周年記念日のライブのチラシ。デビューからの歌を時代順に歌うらしい。歌詞集『心のはなし』と同じ森英二郎さんと私のコンビ。森さんの絵は、木版画ではなく版木に彫り込んだものに彩色している。原画のサイズは小さい。表(名前が彫ってあるもの)は、天地12.5センチ、左右10.5センチ。裏(全面)天地12.5センチ、左右8.8センチ。いつもの木版画とは違う味わいが面白い。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

kosuke1

Read More

今回はラジオの聞き書きをふたつ。

 

〈選挙〉

 

TBSラジオの「荻上チキ・Session22」で、慶応大学法学部教授の小林良彰が、彼の調査では日本人の政治意識は決して低くないと言う。

「(小林)今回有権者はきちんと判断してるんじゃないかと思いますね」

「(チキ)うーん、なるほど。さきほどね小林さんがね、あの、多くのひと達は政治には感心をもちつづけているが、投票先がないから投票行動という形ではとらなかった、でも、それはべつに政治には無関心になったわけじゃないという話ありましたよね。これは調査でもそうしたことが浮き彫りになってくるわけですか」

「(小林)なります、はい、だから何十年か調査をやってますけども、政治に対する関心とか知識と、いろいろ訊きます。政治に対する知識といって、あなたは知識がありますかないかなんて訊きませんよ、それはみんなありますとか。そうではなくて、アメリカの副大統領は誰ですか、とかね」

「(チキ)ほう、ほう」

「(小林)ま、色んなそういうものをたくさん訊くわけですよ。色んな問題を」

「(チキ)知識浸透度とか」

「(小林)あるいは連座制で適用は何年ですかとかね、そうするとその回答の、ま、正解率とかそういうものの割合を見てくると、けっして落ちているわけじゃないんですよね。だから、ほんとに、ま、冒頭でも申し上げましたけれど、れいわ新選組とかですね、あるいは、NHKのその政党とかっていうのがとるっていうのは、やっぱりそれははけ口ですよ。だからものすごく閉塞感をもってるわけですよ。でもそれに対して今の野党が応えてくれない、だから、じゃあ、もうそういうところに、ともかく棄権するより入れてみようというひともいれば、入れてもしょうがないから棄権しようというひともいるっていうところでですね。全然、政治にもう興味がなくなったっていうわけではないんですね」

 

荻上チキ

 

Read More

〈令〉

 

NHKのカルチャーラジオ、「石川九楊の”書”がわかる九つの法則」第2回「はじめに2 書とはどういう芸術か」で石川九楊さんがこんなことを言っていた。

「まさに令和の令の字を活字をモデルに、こう筆で書いた見せたように、あれだったら要するに活字を見せりゃいいんですよ。筆で書いたらああではなくて、やっぱ、最後は点にならないといかんですね。左から下に向う点に、すっきりとですね。ようするに人間の書く字のほうがマイナーになって、そしてこう印刷物で流れるようなもののほうがメジャーだと、そういうなんか錯覚現象が起こってんですよ。書道教育の中、書道を教える学校の先生方にもそういうものが起こってきて、明朝体活字をモデルに教えればいいと、こういうのになっているんです。違うんです。」

 

〈「令」は明朝体などの活字では最後が縦棒になりますが、手書きでは「マ」のように点を打つ形が一般的です。小学校の教科書でも「令」の下側は「マ」の形です。

一方、官房長官が公式発表した楷書の「令」は、活字と同じく最後が縦棒になっていました。もちろん、こう書いてもよく、書き取りのテストでもマルになりますが、普通は「マ」のように書きます。

ところが、今では、街で見かける手書きの「令和」の「令」のほとんどが、最後を縦棒にしています。公式発表の文字が美しかったため、誰もがそれを手本にしているのでしょう。下側を「マ」にしている手書きの実例はきわめて少数です。(飯間浩明「街のB級言葉図鑑」朝日新聞be on saturday/6月15日)〉

 

朝日be

 

「令」の字の最終画の「点」は、当初、私のタイポグラフィのお仲間では話題になった。公式発表の時の「令和」を書いた茂住修身という、内閣府大臣官房人事課事例係所属の辞令専門官は、自分が書道家なんだったら、なぜ九楊さんが言うように「マ」にしなかったのだろう。菅がもっていた「令」で、もうひとつ困るのは、件の書道家が書いた最終画が縦棒なだけではなく、おさえの止めを「はね」に近い左側への大きなふくらみがある(これは、われらが鳥海修氏談)。それに、石川九楊さんがこんなことをおっしゃっていると鳥海さんから聞いた。「元号たるもので、書き方が二つもあるような漢字を選ぶのはよくない」と。そうだ、そうだ。令は発表後すぐは、飯間さんのコラムのように、どこでも手書きのものは(なぜか活字体ではなく手書きの楷書が多い)最終画が縦棒に書かれていてあほらしかった。

最近「マ」の例が二つあった。一つは立憲民主党のポスタ―、彼らは意図的なのかと感心したが、NHKテレビで首相が令和の元になった万葉集の文章を臨書している字は「マ」だった。

 

IMG_5850_立憲

 

〈TIMEの表紙〉

 

最近のTIME誌の表紙。前にもこのブログで書いたが、こういうメーッセジや批評性があって機知のきいた表紙をデザインする雑誌は日本にはない。

 

4月9日号

嵐のトランプの表紙のつづき。ムラー特別検察官の報告書が出たあと。

 

time_april 0819

 

5月13日号

The World’s Most Unequal Coutry(世界で一番不公平な国)。ヨハネスブルクの裕福な住宅とスラムが、道一本でとなりあっている信じられない光景。

 

time_may 1319

 

6月24日号

The Resistance(抵抗)。見たらすぐにわかる。香港だ。

 

time_june 2419

 

7月1日号

‘MY WHOLE LIFE IS A BET’(私の全人生は賭け)。皮肉かと思ったら本文の記事でトランプが言っていること。トランプのツィッターは、ディールなんかじゃなく、すべてカードゲームのブラフ(bluff=はったり)だと思うんだけど。手の内にたいしたカードがないのにそろっていると思わせる、強気なことを言ってるだけ。口先でみんなごまかされているのかも。もともと悪徳不動産屋で人種差別主義者。(あのホルムズ海峡の有志連合、どうも怪しい。先にケンカを売ったのはトランプなのに、イランのせいにする。安倍の9条の改憲の自衛隊のことで、トランプが安倍を援護射撃しているというのは考え過ぎかな)

 

time_july 0219

 

7月8日号

えー、サグラダファミリア教会ってこんなになってるの。モダンなのにビックリ。Finished:2026*/*AT LEAST THAT’S THE GOAL(2026年完成/遅くともそれがゴール)

 

time_july 0819

 

〈シルバーパス〉

 

うちの犬たちがいなくなって、車にのることが減った。なるべく歩くようにしている。今年は、ついに車を売り払った。これで、たまにしか乗らないマイカーのために高い駐車場代を毎月払うこともなくなった。実は二ヶ月ほど乗らなかったら、バッテリーがあがって動かなくなった。調べてもらうと、動かさないからではなく、車のドアを管理するコンピュータ君の誤作動。ずっと私が乗っていると思って働いていたんだって。バカじゃないの。ディーラーの修理工場は、コンピュータとバッテリーを入れ替えるのに大金を払えという。冗談言うな。

 

毎日の仕事場への通勤にバスを使うので、あこがれのシルバーパスをゲット。月曜から金曜は自宅近所のバス停からJR中野駅まで往復する。都内のバスと都営地下鉄が乗り放題。納税しているひとは半年10, 255円、非納税者は1, 000円。近所の京王バス(自宅から歩いて5分のところに京王バスの巨大な車庫と営業所がある)で申し込み。私の後ろに並んでいたのは、バスに忘れものをした女子高生。パスをなくす人が多いので、ちゃんとケースに入れて使いなさいと受付のお婆さん(こっちもシルバー)が忠告してくれたので、「100均」で入れものを探す。このパスのデザイン(といえるかどうか)が悲しい。子供じゃあるまいし(というと子供たちに失礼だ)、なんとかならないのか。年寄りにはこんなもんでよいということか。日本はほんとにデザイン低国に落ちてしまった。パスをそのまま画像にすると危ないので、ケースにいれたままで。

 

IMG_5712_シルバーパス

 

〈最近の写真〉

 

「自分の道しかいけないし」「ぐっとくるBOSS」。自販機の上のバナー。「自分の道しかいけない」ではなく「し」がついているので、〈投げやり感〉や〈あきらめ感、諦観〉がある。「わが道のみを行く」じゃない。どうせそれしかないし、という感じなのかな。まだ自分の道だったらいいけど。自分の道だと(そのときだけでも)確信できていたらいいのだが。どうなんだろう。ほんとに自分の道だと思えるものってある? 商品につく「ぐっとくるBOSS」とは温度がちがうので、気持ちがばらつくじゃない。この広告をつくったひとは、意識的にやってるんだろうな。

 

IMG_570_自分の道

 

シールがめくれ上がってるデザイン。ストレートな表現ではなく、こういう細かい安直な情緒をくわえると、イメージが複雑になる。気をつけろ。「意識下のことが重要。無意識で見ているのだから気をつけなくては」とNHKの「あさイチ」で久米宏が言っていた。

 

IMG_5705_シール

 

近所の床屋さん(いつも行っているところではありません)の手書き看板

 

IMG_5702_本日終了

 

幼稚園の門の掲示板。園児の書でしょうか? アヴァンギャルドな仮面ライダーとウルトラマン

 

IMG_5701_幼稚園

 

クレーの絵のような排水口の蓋。ちょっと色の配置がちがう。

 

IMG_5708_蓋_1

 

IMG_5709_蓋_2

 

京都の書道教室。立志という文字にびっくり。古くない? 七年とあるのは、この教室での七年生だろうか。

 

IMG_5747_書道教室_070719

 

書道教室の近くの古いお店。取り壊しなのだろう、京町屋なので「残し」というラベルは再利用のためだね。

 

IMG_5748_残し_070719

 

京都のお地蔵さんのおしゃれな黒いタイル。ちゃっんと「まんじ」がマス目のグリッドではいっている。この上にお地蔵さんがいらっしゃる。

 

IMG_5749_お地蔵さん_070719

 

久しぶりに十貫坂教会。「非のうちどころのないもの」。終わりカギ括弧の「うちどころ」がなくて左にずれている。

 

IMG_5744_非のうちどころ_070319

 

顔に見えませんか。

 

IMG_5769_070919_近所の顔

 

かわいいバケツ

 

IMG_5771_070719_アサビのかわいいバケツ

 

The SpecialsのVote For Meという曲。こんな感じです。

 

もしも僕らがあんたに投票したら、約束してくれるかい

真っ直ぐで、きちんとして、正直に

僕らが一番のぞむことを、心のそこからかなえてくれるかい

あんたはわかってるよね、僕らはあんたを信用しちゃいない

あんたのやり方を見抜くのは簡単だよ

そんなところから始めちゃだめなんだよ

 

ロッカウェイ ビーチに岩なんかない

輝くものすべてが金(きん)じゃない

 

あんたらみんなは金と権力に酔いしれて

象牙の塔にこもって

ぼくらが賢くならないように教育し

あんたたちを守ってくれる法律をつくるし

でも、僕らは忘れないよ

あんたたちが僕らの家族をばらばらにしてしまったことを

 

ロッカウェイ ビーチに岩なんかない

輝くものすべてが金(きん)じゃない

 

だから、もし僕らがあんたに投票したら、約束してくれるかい

真っ直ぐで、きちんとして、正直に

僕らの恐れをぜんぶなくしてくれるかい

あんたに僕らが票を入れるのを、あんたはじっとすわって待っている

でも、ぼくらみんながやりたいのはあんたを拒むことさ

あんたたちの政治には、ぼくらはうんざりさ

 

ロッカウェイ ビーチに岩なんかない

輝くものすべてが金(きん)じゃない

 

(ロッカウェイ ビーチRockaway beachというのは、NYのクイーンズ地区にある。RamonesにRockaway Beachという曲がある。こっちは、ヒッチハイクでロッカウェイ ビーチへ行こう、バスなんかじゃ遅すぎるという歌)

 

今日の一曲はこれ。もちろんこの日曜日の投票に向けて。

先週の、What’s So Funny ‘Bout Peace‚ Love and Understandingも同じ気持ちなのよ。

 

Vote For Me/The Specials

 

前回のトミ・ウンゲラーの玩具の本のサイズなどの詳細を書きもらしていた。

Jouets Mécanique Métalliques/Donation Tomi Ungerer/Musée des Arts Décoratifs/1993年刊/並製/260mm×238mm/290頁

Read More

〈選挙のポスタ―〉

 

いつものことだけど、選挙のポスターが情けない。いったいこの寒々しいポスターは何なのか。若い女の子とおじさんのタレントがこっち見ている。みっともないから、少しカットしておく。選挙のポスターの役目とは何か。そんなことは一切考えない選挙管理委員会の無能。やる気がない。候補者のポスターの掲示板の上に、投票日と期日前投票のこと、投票行動を積極的に促すキャッチを大きくいれたらいいのに。派手にやっても悪いことはない。選挙を盛り上げずに地味にやることが、嘘と偏見にまみれた政権与党の助けになる。国民みんながこぞって投票に行くことが、選挙管理委員会の最も大切な使命ではないのか。

 

IMG_5849_選挙ポスタ―_071619

 

IMG_5861_掲示板_1

 

IMG_5862_掲示板_2

 

〈トミ・ウンゲラーの玩具〉

 

仕事場の本を片付けていたら、今年の2月9日に87歳で亡くなった、トミ・ウンゲラーが生れ故郷のストラスブール市に寄贈した6000点のブリキの玩具(Jouets Mécanique Métalliquesとあるので動く仕掛けのあるメタル玩具)のカタログがでてきた。「芸術新潮」2009年8月号の「特集 トミ・ウンゲラーのおかしな世界」の取材をした編集者M君からおみやげにいただいた本だ。誌面でも一部紹介されている。2007年にストラスブール市にトミ・ウンゲラー美術館ができるまえから、この玩具コレクションは装飾美術館(Musée des Arts Décoratifs)で展示されている。

 

The Tomi Ungerer Museum – International illustration center(サイトからの写真)

 

The Tomi Ungerer Museum

 

Musée des Arts Décoratifs Strasbourg(サイトからの写真)

 

Musée des Arts Décoratifs

 

玩具について〈ウンゲラーがおもちゃのどこに惹かれるのかといえば、メカニズムだという。仕組みを観察し、理解することでインスピレーションが湧く。そのせいか、蒐集品の多くを、ゼンマイじかけや手作業で彩色されたブリキのおもちゃが占める。ぎくしゃくとしたその動き、ひとつひとつ異なる表情、そして時とともに古びてゆく姿が生き物のようで、想像力をかきたてられるという。(「芸術新潮」2009年8月号)〉

 

IMG_5851_芸術新潮_0809_1

 

_芸術新潮_0809_2

 

IMG_5853_芸術新潮_0809_3

 

IMG_5854_芸術新潮_0809_4

 

IMG_5855_芸術新潮_0809_5

 

(同号から)ウンゲラーが故郷のアルザスについて語っている。〈わたしはアルザス人です。(略)1931年11月28日にフランスのストラスブールにうまれたわたしは、しかし、自分のことを「フランス人」だとは思っていません。なによりもまず「アルザス人」であり、そして「ヨーロッパ人」、それがトミ・ウンゲラーなのです。

 

フランスとドイツの国境地帯に位置するせいで、アルザスの人間は長いあいだとても苦しんできました。アルザスはフランスのものだとフランス人はいうけれど、政治的帰属はともかく、この地方の文化基盤はどちらかというばドイツ的ですから、ドイツ人もまたアルザスの所有を主張するわけです。ふたつの国のあいだで戦争が起こるたび、いとも簡単に国籍を変えられてきたのがわたしたちアルザス人でした。〉

 

IMG_5776_jouets_1

 

IMG_5792_jouets_2

 

IMG_5798_jouets_3

 

IMG_5805_jouets_4

 

IMG_5810_jouets_5

 

IMG_5815_jouets_6

 

IMG_5817_jouets_7

 

IMG_5825_jouets_8

 

IMG_5834_jouets_9

 

IMG_5843_jouets_10

 

「芸術新潮」のこの号は、77頁であるが見事な構成でウンゲラーについて日本語で知ることのできる貴重な読物になっている。

 

今日の一曲

What’s So Funny ‘Bout Peace‚ Love and Understanding/Nick Lowe

Read More

同い年の橋本治さんが逝ってしまい、そのことを書こうと思いつつブログをさぼっていたら、先週、昔の友人が亡くなった。私より1歳下の寅年。もう20年以上会っていない。いつも心の中によく切れるナイフを潜ませているような奴だった。実際にナイフをポケットに忍ばせているのを見たことがある。彼がそれを使うことはなかっただろう。とても頭がよかったのに、彼がさわるものは最後には壊してしまう。話がおもしろく、機転がきいてひとに好かれた。いろんなところに顔を出して、気に入られてはさまざまなことを手伝っていた。本当はなにをやりたかったのか、今はもう訊くことができない。いまさら訊いてみたところで一笑にふされるだけかもしれない。ひとの評価は、私ひとりの見方ではきめられない。私が感じているのは、彼の小さな一面にすぎないであろう。ひとはひとが見るよりもっと多くの側面を持っている。冥福を祈る。同世代のひとが逝くとなんだか急かされているような気になる。

 

去年から、いくつか私家本をデザインした。一番最新は、金森幸介歌詞集『心のはなし』。彼は来年でデビュー50周年。本人自選の30曲の詞に、森英二郎さんが描き下ろしの版画をつけている。去年5月に金森君に会ったときに頼まれた。森さんに絵を描いてもらって三人で。森さんにはすべて新作でなくてもよいと(金森君については、これまで折りにふれ描いているストックがある)相談したが、30点のオリジナルをそろえてくれた。この本は金森幸介の歌詞集でもあり、森英二郎の版画作品集にもなっている。

 

IMG_5664_表紙_1

Read More